スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

MoonBird

恐怖に目を見開きながらも、女の子を見つめる祖母の幸子。

次の瞬間、はっと息をのみ、

   「美沙子・・・・・?」


と声をかけた。
そして、動けないでいるカケルの横をすり抜けて、階段をゆっくりと登って
行く。

   「その髪は、いつも私が切っていたわ。その赤いカーディガンは、私が
 編んだもの・・・。ポケットの白いうさぎをとても気に入ってたわ。」

泣いていた女の子は、不思議そうに幸子を見つめた。

ようやく体のこわばりが消えて、カケルは考えることができるようになった。

   「おばあ・・・・ちゃん?」

声をかけると、幸子は女の子を見つめたままで言った。

  「この子は、美沙子よ。5歳の頃の美沙子なの。間違いないわ。」

最後はこみ上げる思いで涙声になりながら。

  「え? 美沙子って・・・・母さんのこと?」

母さんは、自分のことを5歳のユナだと言い張り、病院にいる。

そしてここに、目の前に、5歳の母さんがいる・・・・。

一体、どうなっているのだ?

  「美沙子? どうしてそこにいるの?」

カケルの思いは、幸子の声で途切れた。

  「・・・・・・・・わからないの。」

女の子は、小さな声で答えた。

  「帰るところが・・・ないの。」

再び大粒の涙をほほにこぼしながら言った。

  「大丈夫よ、あなたは美沙子よ。ここをおうちにしてもいいのよ。」

幸子もまた、涙ぐみながら女の子に手を差し伸べた。

  「あた・・・し、ミーチャ・・コ?」

  「そうよ、美沙子は5歳くらいまで自分のことミーチャって言ってた。」

女の子は・・ミーチャは、幸子の顔をじっと見つめた。

  「・・・・・ママ?」

幸子は、嬉しそうに何度も何度も、ウンウンとうなづいた。

ミーチャは、安心したように幸子に向かって、ゆっくりと階段を降り始めた。

そして広げた幸子の両腕の中に、すっぽりと包まれた・・・・が、抱きしめた
はずの両の手は、ミーチャに触れることはできなかった。

そう・・・ミーチャは、実体ではなかったのだ。

一瞬悲しそうに目をふせた幸子は、再び目を上げてミーチャを見つめ、微笑んだ。

その目には、確かに幼い日の娘の姿が映っている。

  「この子は、私が預かるよ、カケル。」

幸子は優しくミーチャに手のひらを差し伸べた。

ミーチャもまたにっこりと微笑み、その小さな手を幸子の手のひらに重ねた。

  「美沙子、この子はカケルだよ。」

  「カ・・ケ・・ル?」

  「うん、そう、カケル。」

カケルが微笑むと、ミーチャは嬉しそうに笑った。

  「おやすみ、カケル」

  「うん・・・・」

2人はそのまま、幸子の部屋に入って行った。

ドアがパタンと閉められた時、カケルはハッと我に返った。

 5歳の美沙子は、帰れないと泣いていた。

     どこへ?

   それは・・・・・・もしかして・・・・
   ・・・・・・・・・美沙子自身の中へ・・ということ?


 母の美沙子は、自分を4年前に亡くなった妹のユナだと思い込んでいる。

そうすることで耐えられない悲しみから自分を守っているのだ。

そのことで美沙子自身の中で何かが変わろうとしているのではないだろうか。

ミーチャはそれを教えようとしているの・・・かもしれない。

・・・・・・・・何とかしなければ!

カケルは、母が自分をママと呼んでショックを受けたあの日以来、
初めてそう強く思った。

今までは、自分がまだ子どもだという理由で逃げていたのかもしれない。

 ミーチャが降りて行った階段を登り、自分の部屋に入ると、窓の外に
大きな大きな満月があった。

リンとした黄金色の光が、カケルをふわりと包み込む。

 「あたし、絶対にまたみんなで、家族になりたいの。
   生まれ変わった世界で。」

あの日のユナの声が胸に響く・・・・・。

ユナと月の光の中で過ごしたあの日は、もうずいぶん遠くに感じる。

 でも、自分に一体何ができるのだろう。

 一体、どうすればいいのだろう・・・・。

カケルは、ため息をついて、満月を見つめた。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【MoonBird】

恐怖に目を見開きながらも、女の子を見つめる祖母の幸子。次の瞬間、はっと息をのみ、   「美沙子・・
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ありす

Author:ありす
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。