スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

月の光 第4章  カケル

    その時、突然どこからか声が聞こえてきた。

   「・・・・・ナ、ユナ、しっかりして!ユナあ!」

母さんの、悲しい叫び声だった。ピッピッと心音を伝える機械の音もする。

 ユナは、ハッと顔を上げ、それから唇をかんでうつむいた。

   「ユナ、行かないで! ユナ! もう一度目を開けてちょうだい!」

カケルはドキドキしてどうしていいかわからずに、ただユナを見つめるばかりだった。

 やがて、ユナの心音を伝える機械の音が規則正しく聞こえるようになった。

   「ユナ、がんばってね」
ホッとした感じの母さんの声。 それきり、何も聞こえなくなった。

母さんは、今この瞬間も、ユナのそばにつきっきりなのだ。ユナが元気になるようにと、祈りつづけているのだ。

カケルは今更ながら、母さんの思いが心にしみた。ユナが生まれてからずっとずっと、母さんの願いは、ユナが元気になることだったのだ。

 母さんは、家にいることはめったになかった。朝ごはんと夕ごはんは、父さんが作ってくれたり、祖母がおかずをいっぱい作ってきてくれたりした。

たまに家にいることがあっても、カケルのことを見ているようで見てくれていなかった。いつも青ざめた悲しい目をしていて、疲れていた。

カケルはそんな母さんのことを、できるだけ考えないようにしていた。考えても、ただ心の中に冷たい風が吹き抜けて行くばかりで、それはユナを憎む気持ちにつながって行ったからだ。

 母さんは、カケルにユナに一緒に会いに行くように言っていたが、カケルは首を横に振るばかりだった。

ユナを嫌いな自分を許せない気持ちがあって、会うのが怖かったのだ。

そのうちに母さんはもう、カケルを誘わなくなった。そして、母さんがカケルに話しかけてくることも、ほとんどなくなった。

 でも今は、カケルは母さんの気持ちが痛いほどよくわかった

本当は、ユナのことはわかっていたのかもしれない。信じたくない気持ちと、精一杯生きてほしい気持ちと、不安で泣きたい気持ちと・・・いつも戦っていたのかもしれない。

母さんの心に、よりそってあげればよかった。カケルはこれまでの自分を激しく後悔し、涙があふれた。
 
 いつの間にか、ひまわりは姿を消していて、黄金色の野原がどこまでも広がっていた。

カケルたちをのせた黄金色のじゅうたんが地面に近づくにつれ、黄金色の野原は、だんだん短くなって行き、カケルのひざの高さくらいになっていた。

泣きつづけるカケルの胸に、ケルンがぴょんと飛び込んできた。

  「泣かないで下さいよぅ、カケルさん。」

ケルンの顔は、また大きなバツ印になっている。

カケルは、その顔に自分の顔をうずめた。

  「お兄ちゃん、もうひとつはね・・・、ママを助けてほしいの。」

ユナの声がする。

  「あたし、またママとパパと、お兄ちゃんと家族になりたいの。」

カケルは、そっと顔を上げて、ユナを見つめてうなづいた。

涙の跡を、ケルンが短い手で一生懸命にふいてくれた。

リン、と心の奥に届く月の光と、優しくたわむれる黄金色の草原と、そこに息づく、いのちたちの光。

ユナとリーデと、ケルンと・・・ただ、ただ、あたたかくて思いやりに満ちた豊かな美しい時間。

それは、これからのカケルのなすべきことを、はっきりと教えてくれたのだった。  
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ありす

Author:ありす
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。