スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

月の光  第3章  いのちのうた

   

    ユナも、今、幸せなんだ・・・そう思うとカケルは心が軽くなった。

  「さあ、またユナを探さなくちゃ・・・」

  「はいっ! ユナさんはどこでしょう!」

と、短い足で胸を張るケルンがおかしくて、カケルはまた大笑いしそうになるのを必死でこらえた。

 視線を、ケルンからユナが走り去った方向へ移したカケルは、はっと息を呑んだ。

 カケルの首まで伸びた黄金色の草から、大輪の花が咲いていたのだ。

それはちょうど、カケルのいる場所からてんてんと続いて一本の道ができている。

花が、ユナのいる場所を教えてくれているのだ! そう感じたカケルは、花を
たどって黄金色の草を掻き分けながら進み始めた。

 花は、カケルの頭ひとつぶん上の高さで、ヒマワリに似ている。

けれども、ひとつひとつ、色が違っていた。

いや、ひとつの花でさえ、絶えず色が変化していた。

あるものは、赤からピンク、オレンジから黄色。

またあるものは紫から青、水色から黄緑へ。

立ち止まってじっと見つめていたいのをこらえてカケルはユナを探して歩き続けた。

 しかし、ユナも相当動いているらしく、なかなかたどり着かない。

花はユナのいる道しるべとなって、次から次へ咲いて行く。

長い間歩き回って、黄金色の草原はヒマワリの花畑になった。

 気が付くと、チョウたちが花のまわりを飛んでいた。花の色のうつろいに羽の色が変化して、とてもきれいだ。

  「ユナはどこか知らない?」

チョウたちに話しかけると、それぞれがパッと花から離れ、ある方向をめざして飛び始めた。

通りすがる花の色に、羽の色を染めかえながら。

 やがてチョウたちは、はじめにカケルとケルンを黄金のじゅうたんから下ろした、大きな木へたどり着いた。

  「ここ・・なの?」

チョウは、ふわりと上へ上へカケルの視線を導く・・・すると木の枝にすわったユナが、手を振っているのが見えた。

  「カケルさあぁーーん、待ってくださいよお! おうわぁー!」

ケルンはつまずきかけた所をチョウたちに支えられ、そのまま木の枝にいるユナの元へ運ばれていった。

  「お兄ちゃんも、早く登ってきて!」

また、とびっきりの笑顔でユナが手を振る。

木の幹に手をかけると、また黄金色の草がするすると伸びて、あっという間に
ユナのいる枝に着いた。

  「ありがとう」

カケルが元に戻ろうとする草をそっと握ると、黄金色の草は一瞬、ほうっと
あたたかく光った。

カケルの心も、ほうっとあたたかくなった。


スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ありす

Author:ありす
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。