スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

MoonBird

恐怖に目を見開きながらも、女の子を見つめる祖母の幸子。

次の瞬間、はっと息をのみ、

   「美沙子・・・・・?」


と声をかけた。
そして、動けないでいるカケルの横をすり抜けて、階段をゆっくりと登って
行く。

   「その髪は、いつも私が切っていたわ。その赤いカーディガンは、私が
 編んだもの・・・。ポケットの白いうさぎをとても気に入ってたわ。」

泣いていた女の子は、不思議そうに幸子を見つめた。

ようやく体のこわばりが消えて、カケルは考えることができるようになった。

   「おばあ・・・・ちゃん?」

声をかけると、幸子は女の子を見つめたままで言った。

  「この子は、美沙子よ。5歳の頃の美沙子なの。間違いないわ。」

最後はこみ上げる思いで涙声になりながら。

  「え? 美沙子って・・・・母さんのこと?」

母さんは、自分のことを5歳のユナだと言い張り、病院にいる。

そしてここに、目の前に、5歳の母さんがいる・・・・。

一体、どうなっているのだ?

  「美沙子? どうしてそこにいるの?」

カケルの思いは、幸子の声で途切れた。

  「・・・・・・・・わからないの。」

女の子は、小さな声で答えた。

  「帰るところが・・・ないの。」

再び大粒の涙をほほにこぼしながら言った。

  「大丈夫よ、あなたは美沙子よ。ここをおうちにしてもいいのよ。」

幸子もまた、涙ぐみながら女の子に手を差し伸べた。

  「あた・・・し、ミーチャ・・コ?」

  「そうよ、美沙子は5歳くらいまで自分のことミーチャって言ってた。」

女の子は・・ミーチャは、幸子の顔をじっと見つめた。

  「・・・・・ママ?」

幸子は、嬉しそうに何度も何度も、ウンウンとうなづいた。

ミーチャは、安心したように幸子に向かって、ゆっくりと階段を降り始めた。

そして広げた幸子の両腕の中に、すっぽりと包まれた・・・・が、抱きしめた
はずの両の手は、ミーチャに触れることはできなかった。

そう・・・ミーチャは、実体ではなかったのだ。

一瞬悲しそうに目をふせた幸子は、再び目を上げてミーチャを見つめ、微笑んだ。

その目には、確かに幼い日の娘の姿が映っている。

  「この子は、私が預かるよ、カケル。」

幸子は優しくミーチャに手のひらを差し伸べた。

ミーチャもまたにっこりと微笑み、その小さな手を幸子の手のひらに重ねた。

  「美沙子、この子はカケルだよ。」

  「カ・・ケ・・ル?」

  「うん、そう、カケル。」

カケルが微笑むと、ミーチャは嬉しそうに笑った。

  「おやすみ、カケル」

  「うん・・・・」

2人はそのまま、幸子の部屋に入って行った。

ドアがパタンと閉められた時、カケルはハッと我に返った。

 5歳の美沙子は、帰れないと泣いていた。

     どこへ?

   それは・・・・・・もしかして・・・・
   ・・・・・・・・・美沙子自身の中へ・・ということ?


 母の美沙子は、自分を4年前に亡くなった妹のユナだと思い込んでいる。

そうすることで耐えられない悲しみから自分を守っているのだ。

そのことで美沙子自身の中で何かが変わろうとしているのではないだろうか。

ミーチャはそれを教えようとしているの・・・かもしれない。

・・・・・・・・何とかしなければ!

カケルは、母が自分をママと呼んでショックを受けたあの日以来、
初めてそう強く思った。

今までは、自分がまだ子どもだという理由で逃げていたのかもしれない。

 ミーチャが降りて行った階段を登り、自分の部屋に入ると、窓の外に
大きな大きな満月があった。

リンとした黄金色の光が、カケルをふわりと包み込む。

 「あたし、絶対にまたみんなで、家族になりたいの。
   生まれ変わった世界で。」

あの日のユナの声が胸に響く・・・・・。

ユナと月の光の中で過ごしたあの日は、もうずいぶん遠くに感じる。

 でも、自分に一体何ができるのだろう。

 一体、どうすればいいのだろう・・・・。

カケルは、ため息をついて、満月を見つめた。
スポンサーサイト

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

line

  またひとつ、季節がめぐろうとしていた。

刺すように冷たかった冬の風が、日ごとに柔らかくなる。

病院を出ると真っ暗だった空が、明るくなって行くのは嬉しい。

 しかし、カケルの足どりは重いーーーー。

母の美沙子に、「ママ」と呼ばれる気持ち・・。

息子なのに。まだ小学生なのに。

こみ上げる思いと同時に涙が目に盛り上がる。

それを懸命にこらえて、カケルはやみくもに足を速める。

 「何のために自分は生きているんだろう。」

 「何のために生まれてきたんだろう・・・」

胸の奥に重く重く沈んでいる思い。

その黒々とした存在は、ふいに手を伸ばし、カケルを捉えようとする。

必死に逃れながらも、いつしかその底なしの沼のような闇に落ちてしまいそうで怖かった。

 そんなカケルを、祖母の待つ家は温かく迎えてくれる。

遠くから家に明かりが灯っているのを見ると、カケルは救われるようにホッと
するのだった。

 「お帰り、カケル」

その笑顔に、頑なになりそうな心がふっと和むのを感じるのだった。

 「美沙子は元気だった?」

 「うん・・・・」

この会話も、もうどれくらい交わされただろう。

そして、後どれくらい繰り返されるのだろう。

カケルは夕食と一緒にその思いを飲み込んだ。

 「ごちそうさま」

 「はい。お風呂に入ってね」

 「うん・・・」

 「明日、何か用意するものはない?」

もう、それも何年も交わされてきた会話である。

何かあれば伝え、なければ自分の部屋に向かう。

 リビングから出ようとしてドアを開けた時、カケルをいつもと違う感覚が
襲った。

 サーーッと冷たい塊が、頭の頂上の一点からものすごい勢いで全身を
駆け巡って行った
全身を耳にして、全力でその原因をつきとめようとする。

・・・・・やがて小さな小さな声が、カケルの耳に届いた。

  「・・・・えっ・・ふ・・えっえっ・・・・」

     泣いている?

     誰が?

カケルは、その場を去りたい気持ちに駆られると同時に、声のする方向から
目を離すことができなくなった。

後ずさりしたくても目をそらしたくても、体が固まったように動かない。

そして・・・。

その誰かがこちらに向き、ゆっくりと近づく気配が。

  「う・・うわっ・・・うわぁーーっ!!」

思わず知らず、声を上げるカケル。

その声に、祖母の幸子が飛んできた。

  「どうしたの?カケル!!」

幸子の目に、階段を見つめ、一歩も動けずに怯えてふるえるカケルの姿が
映った。

おそるおそる階段を見上げると・・・。



・・・・・・・そこには、5,6歳くらいの女の子が立っていた。

line

Moon Bird

  むかしむかしあるところに、お姫様がおりました。

お姫様は、ずーっとずーっとあるお城のいちばん高い塔に、ひとりぼっちで

とじこめられていたのでした。

その部屋は、お姫様がやっと寝そべることができるくらいにせまくて、高くなるほどにせまくとがって行く塔の天

井にひとつだけ窓がありました。

お姫様はいつも、その窓から聞こえてくるいろいろな音に耳を傾け、その窓

から見える、空の景色を見て過ごしました。

中でも一番好きだったのは、月を見ることでした。

月の光は、優しくキラキラとお姫様を照らし、包んでくれました。
お姫様は、日ごとに姿を変えて行く月に向かって、いろいろなことを話しました。そしていつも、こう言うのです。

 「どうか、私をここから出して下さい!」

月は、ただ優しくそんなお姫様を照らすのでした・・・。

 そうしてどれくらいの年月が経ったのでしょう。
小さかったお姫様は、まばゆいほどの美しい少女に成長しました。

 ある日、開けられることのなかった塔の扉の鍵が外され、お姫様の部屋にそのお城の王様が入ってきました。
王様の顔はひげもじゃで、見るからに悪魔と手を組んでいそうな人相でしたので、お姫様は思わず後ずさりをしました。

  「お前をここから出してやろう。そしてわしの召使いにしてやるぞ。」

王様はそう言ってお姫様を、底意地の悪そうなギラギラした目で何度も見ると
気味の悪い声で笑いながら階段を下りて行きました。

お姫様は、恐ろしくて、力が抜けて立っていられませんでした。
しばらくして、涙がほほをつたいました。後から後からとめどなく・・・。

  「やっと外に出られると思ったら、あんなイヤな顔をした王様の召使い
 なんて!それなら、死ぬまでここにいた方がずっとましだわ!」

お姫様は、青い空があかね色になり、やがて夜になってもまだ泣きつづけて
いました。

 その日は、満月でした。大きなまるい月が、高い塔の窓からお姫様を見下ろし
ました。

お姫様の目からは、ポロポロと月の色に染まった涙がこぼれ落ちて行きます。

お姫様は、涙にぬれた目でお月様に言いました。

  「お願いします!どうか私をここから出して下さい。たとえ小さなネズミ
 でもいいの。自由になりたいの!」

10回、20回、100回・・・200回・・お姫様は、その願いを繰り返し
月に向かって祈り続けました。

 すると、急にまぶしい光が高い窓から差込んでお姫様を包み込みました。

一瞬、その光の中にお姫様は消えて、次の瞬間には月の光の色をした大きな鳥に姿を変えていたのです。

月の光の色をした鳥は、まぶしく輝く翼を広げ、高い塔の窓を見上げると、
大きくはばたき、軽々とその窓をくぐりぬけて大空へ更にはばたきました。

そして一声、高く長く声を響かせると、月に向かってまっすぐに飛んで行きました。

 今でも、どこかで月の光の色をした鳥を見た人は、願いがひとつだけ叶うと
 言われているのです。


  「ねえ、もう一回読んで、ママ」

  「ユナもう夕方だよ。もうすぐごはんだからね。」

  「えーっ、もう帰っちゃうのママ」

  「うん、また明日ね。」

 カケルは母のベッドの横で、ランドセルをしょい、帰りしたくを始めた。

・・・・・・あの日から、ユナが光の世界へ旅立って行ってから、もう4年に
なろうとしていた。カケルはこの4月から5年生になる。

 あの日、母の美沙子はショックのあまりに倒れてそのまま一週間ほど眠り続けた。ユナのお通夜もお葬式も祖母と父の3人で、しめやかに行った。

 母がショックから立ち直ったら、あの月の夜、ユナとケルンとリーデと過ごした時間のことを話そう。カケルはそう思って、母が目覚めるのを待った。

  一週間が過ぎて、母の美沙子は目を開けた。

  「母さん」
  「美沙子」

 カケルと父の呼びかけに、美沙子は不思議そうに首をかしげた。

  「どうしたの?あたしは、ユナよ。へんなママとお兄ちゃん」

 何と、目覚めた後、美沙子は自分をユナだと思い込んでいたのである。

  あまりにショックが大きすぎて、事実を心の隅に追いやり、違う現実を
作り出したのだと医者は言った。

 そして心の傷が治るまで、ユナとして扱うことにしたのだ。

  そのまま、4年が過ぎた。カケルは何と、ママと呼ばれている。

姿かたちは子どもなのに、なぜ母は自分をママと呼ぶのかわからない・・。

いつまでこんな日が続くのだろう・・・カケルはあかね色の空を仰いで、唇
をかんだ。

theme : 自作連載小説
genre : 小説・文学

line

月の光 第4章  カケル

    その時、突然どこからか声が聞こえてきた。

   「・・・・・ナ、ユナ、しっかりして!ユナあ!」

母さんの、悲しい叫び声だった。ピッピッと心音を伝える機械の音もする。

 ユナは、ハッと顔を上げ、それから唇をかんでうつむいた。

   「ユナ、行かないで! ユナ! もう一度目を開けてちょうだい!」

カケルはドキドキしてどうしていいかわからずに、ただユナを見つめるばかりだった。

 やがて、ユナの心音を伝える機械の音が規則正しく聞こえるようになった。

   「ユナ、がんばってね」
ホッとした感じの母さんの声。 それきり、何も聞こえなくなった。

母さんは、今この瞬間も、ユナのそばにつきっきりなのだ。ユナが元気になるようにと、祈りつづけているのだ。

カケルは今更ながら、母さんの思いが心にしみた。ユナが生まれてからずっとずっと、母さんの願いは、ユナが元気になることだったのだ。

 母さんは、家にいることはめったになかった。朝ごはんと夕ごはんは、父さんが作ってくれたり、祖母がおかずをいっぱい作ってきてくれたりした。

たまに家にいることがあっても、カケルのことを見ているようで見てくれていなかった。いつも青ざめた悲しい目をしていて、疲れていた。

カケルはそんな母さんのことを、できるだけ考えないようにしていた。考えても、ただ心の中に冷たい風が吹き抜けて行くばかりで、それはユナを憎む気持ちにつながって行ったからだ。

 母さんは、カケルにユナに一緒に会いに行くように言っていたが、カケルは首を横に振るばかりだった。

ユナを嫌いな自分を許せない気持ちがあって、会うのが怖かったのだ。

そのうちに母さんはもう、カケルを誘わなくなった。そして、母さんがカケルに話しかけてくることも、ほとんどなくなった。

 でも今は、カケルは母さんの気持ちが痛いほどよくわかった

本当は、ユナのことはわかっていたのかもしれない。信じたくない気持ちと、精一杯生きてほしい気持ちと、不安で泣きたい気持ちと・・・いつも戦っていたのかもしれない。

母さんの心に、よりそってあげればよかった。カケルはこれまでの自分を激しく後悔し、涙があふれた。
 
 いつの間にか、ひまわりは姿を消していて、黄金色の野原がどこまでも広がっていた。

カケルたちをのせた黄金色のじゅうたんが地面に近づくにつれ、黄金色の野原は、だんだん短くなって行き、カケルのひざの高さくらいになっていた。

泣きつづけるカケルの胸に、ケルンがぴょんと飛び込んできた。

  「泣かないで下さいよぅ、カケルさん。」

ケルンの顔は、また大きなバツ印になっている。

カケルは、その顔に自分の顔をうずめた。

  「お兄ちゃん、もうひとつはね・・・、ママを助けてほしいの。」

ユナの声がする。

  「あたし、またママとパパと、お兄ちゃんと家族になりたいの。」

カケルは、そっと顔を上げて、ユナを見つめてうなづいた。

涙の跡を、ケルンが短い手で一生懸命にふいてくれた。

リン、と心の奥に届く月の光と、優しくたわむれる黄金色の草原と、そこに息づく、いのちたちの光。

ユナとリーデと、ケルンと・・・ただ、ただ、あたたかくて思いやりに満ちた豊かな美しい時間。

それは、これからのカケルのなすべきことを、はっきりと教えてくれたのだった。  
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ありす

Author:ありす
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
FC2カウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。